6人に1人、初心者マーク時代に自動車事故を経験

パルタとドライブしよう

だいぶ前の記事タイトルですがご紹介します。

 アイシェアの調査によると、運転免許を持っている人に「初めて運転事故を起こしたのは、免許を取得してからどのくらい経ったころですか?」と尋ねたところ、「1年未満」が16.0%、「1年以上」が35.1%、「運転事故は1度もない」が48.9%だった。免許取得から1年未満の人には初心者マークの掲示義務があるが、6人に1人はその期間内に事故を起こしているようだ。

掲載元 https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1103/03/news039.html

これからの時期は、春休みに運転免許を取得した若葉マークが増える時期です。

以下のリンク先で警視庁が公表したデータを確認できます。

初心運転者(普通免許取得者)の交通事故状況(平成30年)

私の考える事故の原因は
・練習不足(教習所の講習は免許取得が目的で不十分)
・慢心(自分は運転がうまいという過信と無知)
・脳機能の発育不足(前頭葉の発育不足による判断力不足)
などなど、色々と考えられると思いますが、ドライバーひとりひとりにあった練習をすれば事故リスクを低減できる問題だと思います。
ぜひ、ドライビングアカデミーで安心して運転できるようになりますせんか!?


公道はサーキットやジムカーナ場と違い
色々な人・物・動物の飛び出し
さらに落下物や陥没など不可抗力が発生する場所です。

タイトルとURLをコピーしました