ドライバーを退化させる安全支援技術

安全装備の発展とともにドライバーの技量は低下していくと思う。

売るための技術であことをドライバー側は認識し、自身の技量向上に常に務めるべきだと思います。

MT(マニュアルトランスミッション)車に比べAT(オートマチック)車は運転が楽です。その反面、MT車では起こらないような事故が発生します。

自動運転(レベル2)搭載車両が増えてきています。

車両側が介入していることにすら気づかずに運転している方がいます。

危険だから介入してきているのです。しかし万能ではありません。

限界域でのコントロールまではしてくれません。

自分で限界域での危険回避技術を持たないのであれば、

そのような状況を作らないことが重要です。

加速するのは簡単ですが曲がる・止まるは技術を要します。

安全支援装備に頼った運転は控えましょう!

という独り言でした。

タイトルとURLをコピーしました